読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WinX MediaTrans体験版制限の事項と解除方法

Q:WinX MediaTrans体験版制限があるか?

最近WinX MediaTransというiTunesに代わるiPhone/iPad/iPodデータ転送/管理ソフトはなかなか人気があります。その特徴は、ネット環境不要でパソコンとiPhone/iPad/iPodの間に動画、写真、音楽などを早く、軽く転送できるところです。最近iTunesの動きがめちゃくちゃ重くなって、特にWindowsパソコンの場合、読み込み速度が遅いし、iTunesを起動するのにもなかなか時間がかかるということがよくありますから、iTunesの代わりにiPhone/iPad/iPodのデータを管理できるソフトを探している方が多いです。それをきっかけに、急速的にWinX MediaTransユーザーが増えてきました。

WinX MediaTransの機能及び操作方法を体験・試用するために、公式サイトからWinX MediaTrans体験版をダウンロードして利用している人が多いです。そしてWinX MediaTrans体験版は正式版とそんなに変わっていないと言われているますが、実はWinX MediaTrans体験版と製品版の違いがたくさんあります。そしてWinX MediaTrans体験版ではいろいろな機能が制限されています。次はWinX MediaTrans体験版制限と解決方法を紹介します。

【元記事はこちらへ】

WinX MediaTrans体験版制限その1:回数制限

mt-www-0420-01.jpg

WinX MediaTrans体験版と製品版の違いといえば、やはりWinX MediaTrans体験版回数制限があることです。WinX MediaTrans製品版は転送数は無制限で、一日中何度立ち上がれても、写真/音楽/ビデオなどの数を問わず数秒だけで転送できます。それに対して、WinX MediaTrans体験版は一日パソコンへ転送、そしてパソコンからiPhone/iPad/iPodバイスへ転送のファイル数が制限があります。たとえば、写真/音楽/電子書籍/着信音など一日転送できる数は30で、ビデオの場合は一日10本しか転送できません。一度たくさんの写真、音楽、動画などを管理したい場合はWinX MediaTrans無料版をおすすめしません、製品版のほうが便利で使いやすいです。

WinX MediaTrans体験版制限その2:一部の機能が使えない 

mt-www-0410-01.jpg 

iTunes Storeで購入した音楽や動画ファイルとか、Apple Musicの音楽とか、そして電子書籍などは、デジタルーーコンテンツの著作権を管理・保護するために、違法なコピーの利用に制御・制限するために、DRMというコピープロテクトがかかっています。Apple Music、iTunes電子書籍などのDRMを解除してほかのデバイスで再生したいです。こんなとき、WinX MediaTrans製品版のDRM解除機能を利用すれば簡単に実現できます。しかし、WinX WinX MediaTrans無料版ではDRM解除の機能が使えなくなるから、DRMを解除することもできません。

iTunes DRMを解除する方法>>電子書籍DRMを解除する方法>>Apple Music DRM解除方法>>

WinX MediaTrans体験版制限その3:時間がかかる

 

mt-www-0420-03.jpg 

もう一つのWinX MediaTrans体験版制限は、写真/動画/音楽などを転送前に3秒待った後、「次へ進む」ボタンを押して転送が完了します。3秒といえば短いですが、平日ページ表示の待ち時間が2秒を超えるとイライラし始める人にとって3秒も長いです。WinX MediaTransは1秒でもお待たせしない、余計な手順もなくて、直接に転送できますから、非常に便利です。 

WinX MediaTrans体験版制限の解除方法>> 

意外と簡単?!電子書籍DRM解除して複数の端末で楽しむ方法

電子書籍DRMとは? 
DRM(digital rights management)、日本語でデジタル著作権管理という意味で、デジタルデータは何度コピーしてもその品質が変わらないし、費用も非常に安いから、著作者の許諾を得ない違法な配布・交換などが増えています。そのデジタルーーコンテンツの著作権を管理・保護するために、違法なコピーの利用に制御・制限を加える技術ーーDRMが生まれたのです。コピープロテクト、コピーガードなどはその代表的なものといえます。電子機器上のコンテンツ(映像や音楽、ゲームや書籍など)でよく使われています。電子書籍DRMとは、電子書籍著作権管理です。つまり、電子書籍KindleKoboiBooksなど)に違法コピーを防止するためかかっている技術です。

勝手にデジタルデータを配布することを防ぐことができ、出版社や著作権者にとって、電子書籍DRMは必要不可欠な技術です。しかし、読者側から見ると、DRMが施されていることにより、お金を払って書籍ファイルをダウンロードした人が、ダウンロードした端末以外に自分が持っている別の端末で再生できないし、自由に友人や家族に貸し出すこともできませんから、電子書籍DRMが無いことのメリットが大きいです。

【元記事はこちらへ>>】 

電子書籍DRM解除したいがその方法は?

 

Q:電子書籍をDRM解除してPDF化する方法。DRMの掛かっている電子書籍をPDF化する方法はありますか?電子書籍DRM解除ができるソフト、またはPDF変換できるソフトを教えてください。

電子書籍ストアで購入した本をほかの人とシェアしたい場合、また電子書籍を複数の端末で読みたい場合、電子書籍DRM保護を解除しなければならない。しかし、その方法は?まずは各種類の電子書籍DRM保護の種類を確認します。

AmazonKindleKindle DRM

Google Play Books/楽天KoboSonyのReader: Adobe DRM

B&NのNook: Adobe DRM、Nook DRM

AppleiBooksiBooks DRM 

電子書籍DRM解除できる究極のソフトおすすめ

パソコンやiPadなどのタブレットバイス電子書籍を読みたい場合、そして電子書籍を友人と家族にシェアしたい場合、WinX MediaTransというソフトを使ってみよう。各種電子書籍DRM保護を完璧に解除できるソフトで、Epubor-SonyKoboKindleなどのDRMを解除して、大画面のパソコン、ほかの端末例えばSonyリーダー、Android用デバイスなどへ転送して楽しめます。またこのソフトもう一つの特徴は、オリジナル画質を保つままで電子書籍プロテクト解除できるところです。高画質で電子書籍DRM解除したい方ならこのWinX MediaTransが一番おすすめしたいソフトです。解除スピードも非常に速くて、数秒だけで電子書籍DRM保護を外すことができます。

win_btn.png

mac_btn.png

電子書籍DRM解除の操作手順はこちらへ>>

レンタルDVD圧縮コピー方法大公開!~順調にレンタル片面2層DVDを1層に圧縮してコピー

レンタルDVD圧縮コピー方法を探しているの?

TSUTAYA、GEOそしてほかのレンタルショップで好きなDVDを借り、雨の日などの休日は家でのんびり鑑賞する人が多い。最近はリーズナブルでとても借りやすくなり、お気に入りのDVDがあるなら、もう何回も借りたのだろう。一方、レンタルDVDは購入するよりは安く見られる、家に居ながら即好きな作品が観れるところが便利とすれば便利だが、何度もレンタル屋へ足を運ばなくてはならないし、借りたいDVDを、好きな時に借りられる訳ではないから、レンタルしたDVDをコピーして自宅用にしている人が多くなった。

しかし、今すべての市販/レンタルDVD/BDに不正コピー海賊版防止のための強力なコピーガードが施されている。DVDコピーガードには「CSS」や「容量偽装」といった様々な種類がある。また、映画などの大容量ディスクに多く利用される片面2層式DVDは、そのままコピーするには対応したドライブや2層DVDメディアが必要となり、購入となるとそれなりに金額もかさむが、1層に圧縮コピーできればメディア代も抑えることができる。1層式DVDは、約4.7Gバイトで、2層式は8.5Gバイトのファイルサイズだから、レンタル片面2層DVDを1層にしたいなら、レンタルDVDを圧縮しなければならない。つまり、レンタル2層DVDを圧縮でき、しかもDVDコピーガードに強いレンタルDVD圧縮ソフトを使う必要がある。なかなか有名のDVD圧縮ソフトDVDfab、そしてDVD Shrinkを使ってみたが、いろいろな不具合が出てくる。

元記事はこちらへ>> 

レンタルDVD圧縮ソフト不具合報告まとめ:

DVD Fab

1、DVDfabを使ってレンタルのDVDをコピーしようとしていますが、最近レンタルしてきたDVDが二層式の為、圧縮が必要と分かりました。とりあえずネットで自分なりに調べ、DVDシュリンクを使って圧縮→よく分からないライティングソフトで書き込みをしましたが、レコーダーで再生できませんでした。 
2、DVD Fab 9で2層のDVDを圧縮し、DVD-Rにコピーしました。でも、再生すると、何度も途中で止まってしまいます。

DVD Shrink 
1、DVD Shrinkで2層を1層に圧縮して、DVD-Rに書き出したが、圧縮したものが早送りができないのですが改善方法とかありますか? 
2、DVD ShrinkでTSUTAYAやゲオから借りたレンタルDVDを圧縮してコピーする時、コピーガードが解読できないので、途中でエラーが出て動作が終了してしまった。

なら、DVD ShrinkとDVD Fabを使わなくで、何かほかのレンタルDVD圧縮コピー方法があるか?次はDVD ShrinkとDVD Fabより使いやすくて、コピーガードにもつよいレンタルDVD圧縮ソフトWinX DVD Ripper Platinumとなかなか有名のDVDオーサリングソフトWinX DVD AuthorでレンタルDVD圧縮コピー方法を紹介する。

レンタル2層DVDを圧縮してコピー!

最強DVDコピーガード解除ソフト:

WinX DVD Ripper Platinum - 2017最新DVDコピーガードに対応、レンタルDVDを圧縮してコピーできる!

winfree.png  macfree.png 

レンタルDVD圧縮コピー方法を紹介:レンタルDVD圧縮ソフトおすすめ

レンタル片面2層DVDを再エンコードして1層サイズにまるごとコピーできる WinX DVD Ripper Platinum。このレンタルDVD圧縮ソフトは今活躍しているコピーガードはDVD CSS,リージョンコード,RCE,ソニーArccOS, UOPs, ディズニーX-project DRMなど最新の2017DVDコピーガードに全部対応できるから、DVD Shrinkで対応できないレンタルDVDコピーガードも解除できる!またWinX DVD Ripper PlatinumはDVDをAVI, MP4, MKV, H.264, MPEG, WMV, FLVなどのあらゆるメインストリーム映像フォーマットへ変換することもサポートしている、レンタル2層DVDを圧縮してコピーできる。まずはWinX DVD Ripper PlatinumでレンタルDVDをコピーする手順を紹介。 

レンタル2層DVDを圧縮する手順

事前にこのレンタルDVDコピーソフト WinX DVD Ripper Platinumをフリーダウンロードしてインストールしてください。(ソフトを起動した後、「」アイコンから言語も選択できます)Mac版もあります。MacユーザーはWinX DVD Ripper for Machttp://www.winxdvd.com/dvd-ripper-for-mac/index-jp.htm)をダウンロードしてください。

1、 このレンタルDVD圧縮ソフトWinX DVD Ripper Platinumを起動して、DVDをドライブに入れてください。「DVDディスク」ボタンを通してDVDを入力。
ヒント:ユーザーのニーズに応じて、ISOイメージとDVDフォルダの入力方式も用意しているので、必要によって入力形式を選択してください。

2、出力動画形式を選択します。「PCの通常映像」→「MP4動画 (MPEG4)」の順番で選択してください。 

drp-www-0315-01.jpg

3.参照」ボタンをクリックして、自分ニーズに応じて出力ファイルの保存先を選択。
ヒント: ローカルディスクCに保存しないでください。

4.RUN」ボタンを押すと、高速にレンタルDVDを圧縮することが順調にスタート。
ヒント:もし不要な部分をカット、黒帯を削除、音声を大きくしたいなら「編集」ボタンをクリックしてください。言語選択、字幕を無効にすることも可能。「高品質エンジンを試用する」と「インタレース解除」にチェックを入れたら画質がもっとよくなる。

drp-sxq-140922-02.jpg 

圧縮した内容を一層DVDにする手順を続いて見る>>

2017年おすすめスマホはこれだ!iPhone/Android 2017スマホ最新情報をまとめ

2017年おすすめスマホはどれ?

iPhone 7、デュアルカメラ搭載のiPhone 7 Plus、美しさと持ちやすさを兼ね備えたGalaxy S7/S7 Edge、Xperia Z6(噂)の代わりに、2016ソニー社の最上位の機種となったXperia X PerformanceとXperia XZ、海外では高評価を得ているHuaweiの最新スマホHUAWEI P9…、デザイン高級感がありつつも高性能なスマホが次から次へと発売された。皆さん2016年の人気スマホを手に入れたのか?とはいえ、スマホの急速な普及に伴い、機種変更の頻度が高くなる。おまけに、各種スマホの不具合も次々報告されている。たとえば、iPhone 7は充電減るのが早い、ボタンが効かなくなる、Galaxy S7/S7 Edgeの不要なエッジディスプレイ、急速充電を使わないと時間が掛かるなど。

では、2016年スマホの欠点を改善するために、2017年最新スマホはどうなるか?次は2017年おすすめスマホ最新情報をまとめて、デザイン、スペック、価格そして発売日などの詳細をお届け。

【元記事はこちらへ】 

2017年おすすめスマホNO.1:iPhone 8/8 PLUS

mt-www-0216-01.jpg 

2017最強スマホといえるiPhone 8は、iPhone 10周年(iPhoneが初めて発売されてからちょうど10周年)にあたる記念すべきこの2017年で、アイフォン7sではなくアイフォン8が登場すると言われている。有機ELディスプレイ、デュアルカメラと3Dカメラの搭載のiPhone 8はほかのスペックは?

2017最新スマホiPhone 8 スペック詳細:

・ディスプレイ・サイズ:5.1インチ、69.5×142.5×7.9 ~ 8.7mm(152g)

・カラー:ホワイトパール、ブルートパーズ、ブラックサファイア、ゴールドプラチナ

・OS:Apple iOS 11  ・CPU:Apple A11チップ トリプルコア

・メモリ:4GB LPDDR4メモリ  ・ROM:32GB/64GB/128GB

・バッテリ:未定(iPhone 7より大容量化される)

・カメラ:メインカメラ : 1,600万画素x 2 インカメラ : 700万画素 3Dカメラ

・防水・防塵・指紋認証:◎

関連記事:iPhone 8とiPhone 7の違いを比較:iPhone 10周年記念モデルアイフォン8性能はどう? 

2017年おすすめスマホNO.2:Samsung Galaxy S8

galaxy-s8.jpg 

Galaxy Note 7の発火/爆発事故で、サムスンスマホは全世界で一時人気低迷している。Galaxy Note 7の販売および生産は停止されたほか、発売されたNote 7も全部回収された。それにしても、Galaxy S7 Edgeは好調な売れ行きを示している。2017春スマホモデルとし、Galaxy S8/S8 Edgeが大いに期待されている。

Galaxy S8 スペック詳細:

・ディスプレイ・サイズ:5.7インチ HD(2160 x 3840px)/145 × 72 × 6 mm(142g)

・カラー:ホワイトパール、ブルートパーズ、ブラックサファイア、ゴールドプラチナ

・OS:Android 7.0  ・CPU:Qualcomm Snapdragon 835

・メモリ:6GB  ・ストレージ:32GB

・バッテリ:3250mAh/3750mAh

・カメラ:カメラ:メインカメラ : 1200万画素 x 2 インカメラ : 500万画素

・防水・防塵・指紋認証:◎ 

関連記事:Galaxy S8とGalaxy S7の違いを比較:最新スマホGalaxy S8はどこがどう進化した? 

2017年おすすめスマホNO.3: Xperia XZ Premium 

mt-www-0217-01.jpg 

今月末のMWC 2017でソニーXperia XZ Premium、Xperia XZs、Xperia XA1、Xperia XA1 Ultraを発表した。そのうち最上位モデルとなるXperia XZ Premiumは4Kディスプレイを搭載するほか、カメラは先読み撮影や最大960fpsの超スロー撮影に対応しているから、イベント主催者である GSM Association(GSMA)よりベストスマートフォン賞を受賞した。次はこのXperia 2017年の最上位スマホXperia XZ Premiumスペックを紹介。

Xperia XZ Premiumスペック:

・ディスプレイ・サイズ:5.5インチ 4K(3,840×2,160px)HDR 156 × 77 × 7.9 mm(195g)

・カラー:ルミナスクロム、ディープシーブラック

・プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 835、64-bit オクタコア

・CPU:64bit対応のMediatekのHelio P20で、2.3GHz オクタコア

・メモリ:4GB  ・ストレージ:64GB

・カメラ:カメラ:メインカメラ : 1900万画素 「Motion Eye」カメラシステム、Predictive Capture、スーパースロー撮影、5軸手ぶれ補正、4K撮影 インカメラ : 1300万画素

・防水・防塵・指紋認証:◎ 

関連記事:【Galaxy S8とXperia XZ Premium比較】2017春夏モデルGalaxy S8とXperia XZ Premiumの違いを徹底チェック!

2017年おすすめスマホNO.4:LG G6

mt-www-0217-02.jpg 

2月26日にバルセロナで開催されるMobile World Congress 2017にて、LG G6が正式発表される。LGの次期フラッグシップスマートフォンとして、「LG G6」は左右のイヤフォンの音響信号を別々に制御し音のバランスを微調整することで音に立体感を持たせるところがその特徴になる。

LG G6スペック詳細:

・ディスプレイ・サイズ:5.7型ディスプレイ 解像度1440 x 2880ピクセル(アスペクト比18:9)

・カラー:ミスティックホワイト、アストロブラック、アイスプラチナ

・OS:Android 7.0 Nougat

・プロセッサ:Snapdragon 821 2.35GHz(クアッドコア)  ・GPU:Adreno 530

・メモリ:4GB  ・ストレージ:32GB/64GB

・バッテリ:3300mAh(取り外し不可)

・カメラ:メインカメラ : 1300万画素 インカメラ : 500万画素  

・防水・防塵:◎  

2017年おすすめスマホをもっと見る>> 

【Galaxy S8とXperia XZ Premium比較】2017春夏モデルGalaxy S8とXperia XZ Premiumの違いを徹底チェック!

mt-www-0307-02.jpg

ソニーの新型フラッグシップモデルXperia XZ Premiumは、MWC 2017(モバイル・ワールド・コングレス)で発表された。昨年11月に日本で発売された「Xperia XZ」の後継モデル、Xperiaシリーズの最新モデルとし、5.5インチで世界初の4KHDRディスプレイ、Motion Eyeカメラシステムと名付けられた新しいカメラを搭載するところがXperia XZ Premiumの特徴となる。そしてプロセッサには最新のオクタコアプロセッサ「Snapdragon 835」を搭載し、動画やゲームを快適に楽しめるだけでなく、下り最大1Gbps(理論値)の高速通信が可能。Xperia XZ Premiumの購入を検討しているが、同じく2017年春発売予定の人気機種ーーGalaxy S8もなかなか高く評価されているから、Galaxy S8とXperia XZ Premiumどっちを選択すべきか迷っている人が多い。

では、本文はデザイン、スペック、発売日そして価格などから、2017春夏モデルのGalaxy S8とXperia XZ Premium比較し、Galaxy S8とXperia XZ Premiumの違いを明らかにする。Galaxy S8あるいはXperia XZ Premiumへ機種変更したい方はぜひチェックしてください。

【元記事はこちらへ>>】

Galaxy S8とXperia XZ Premium比較:Galaxy S8とXperia XZ Premiumの違いをチェック!

Galaxy S8とXperia XZ Premium比較その1:ディスプレイとサイズ

Xperia XZ Premiumは、5.5型の4Kディスプレイを搭載し、スマートフォンとしては初めて「4K HDR(ハイダイナミックレンジ)」にも対応している。一般的に、スタンダートなコンテンツ(SDR:Standard Dynamic Range)は100ニット程度の輝度情報を扱っているのに対し、4K HDRコンテンツは、およそ10倍の輝度情報を取り扱っているため、明るいところから暗いところまで広いダイナミックレンジで輝度表現が可能。4K HDRディスプレイの搭載がXperia XZ Premium最大が特徴となる。それに対して、Galaxy S8のディスプレイは5.7インチで、解像度は3840×2160(4K解像度)になる見込み。この3840×2160解像度のディスプレイでは、VR対応のため、青色光が現在のAMOLEDでの32%から6%に減少、さらに目に優しいディスプレイになる。

本体サイズ二ついては、Xperia XZ Premiumは156 x 77 x 7.9 mmで、それに対してGalaxy S8は145 x 72 x 6mmになるそうだ。またギャラクシーS8最新情報によると、S8ケース素材はGALAXY S7とS7 EDGEに取り入れられたメタル/グラスがそのまま採用される。 

Galaxy S8とXperia XZ Premium比較その2:カメラ

mt-www-0308-01.jpg 

Xperia XZ Premiumもう一つの特徴は、ソニーが新たに開発したメモリ積層型センサーを搭載した「Motion Eye」カメラシステム。「Motion Eye」カメラによって生じた「Super Slow Motion(スーパースローモーション)」と「Predictive Capture(プレディクティブキャプチャー/先読み撮影)」機能はスマートフォンのカメラを活用できる場面が増える。1900万の画素数と高感度撮影に加え、「memory stacked sensor」によって960fpsの超スローモーション撮影も可能、より明暗の差を出せるようになっており、夜景などでもクッキリとした写真に仕上げられる。

そしてこれまでのギャラクシーS8最新情報では、Galaxy S8ではiPhone 7 Plus同様にデュアルカメラになることが噂されている。Galaxy S8 では、リアカメラに 1,200 万画素と 1,300 万画素のデュアルカメラを採用しているそうだ。なぜ画素数が統一されていないのかには触れていませんが、Samsungイメージセンサーには S5K2L2 が使用されていると言われている。Sonyイメージセンサーモデルもあるとされている。

Galaxy S8とXperia XZ Premium比較その3:プロセッサ

mt-www-0308-02.jpg 

Xperia XZ Premiumプロセッサには最新のオクタコアプロセッサ「Snapdragon 835」を搭載している。Xperia XZ Premiumは「S835を搭載した初めての製品版スマートフォン」になる、Qualcommそう伝えた。Snapdragon 835を初搭載した機種はGalaxy S8/S8 Plusになり、しかもS835は最初はこのS8/S8 Plus向けに独占的に供給されると言われているが、Galaxy S8/S8 Plusの発表は例年よりも遅れたから、Xperia XZ Premiumは「最初のS835搭載スマホ」となった。

2017年1月3日(米国時間)Qualcommによって発表した、スマートフォン向けの最新SoC(System on a Chip)「Snapdragon 835」。Snapdragon 835は10nmの製造プロセスを採用した8コアのプロセッサで、現行の「Snapdragon 820」に対し、25%消費電力を低減、一方でCPU部の処理速度は20%、GPU(グラフィックス)部の速度は25%も向上した。プロセッサからXperia XZ Premium Galaxy S8比較すると、Galaxy S8とXperia XZ Premiumの違いはそれほど大きくないと思う。

Galaxy S8とXperia XZ Premium比較その4:ストレージ

Xperia XZ Premiumの本体ストレージは、4K動画撮影、960fpsスローモーション撮影、4K HDR コンテンツのストリーミング・ダウンロードを対応するために、UFSを採用している。UFSとはUniversal Flash Storage(ユニバーサル・ストレージ・フラッシュ)の略称で、超高速でデータ転送できることが特徴。ほとんどのスマートフォンの採用しているeMMCよりも超高速でデータ転送できる点において優位性がある。64GB本体ストレージ容量(ROM)、最大256GBのmicroSDXCカードに対応しているため、合計最大320GBまでストレージ拡張が可能。

Galaxy S8最新情報により、Galaxy S8 / Galaxy S8 Plusシリーズの最上位モデルはRAN8GBでLPDDR4Xを搭載している可能性があり、ストレージ容量は最大256GBになっているようだ。Galaxy S8シリーズのストレージ容量は64GB / 128GB / 258GBになり、以前からRAMは4GBと伝えられていたが、最上位モデルにはRAM8GMのLPDDR4Xを搭載する可能性がある。

Galaxy S8とXperia XZ Premium比較その5 :バッテリー

スマホを使い続けると、バッテリーの減りが速くなってしまう。これもスマホ一番不便なところといえる。そして今回Xperia XZ Premiumのバッテリー容量は3,230mAhで。Xperia XZの2,900mAhよりはるかに長くバッテリーが持続できる。また、Xperia XZ PremiumはQuickCharge 3.0に対応しているから、急速充電ができる。一方、最新鋭のSnapdragon835また高性能なカメラを搭載しているXperia XZ Premiumのバッテリー容量がちょっと少ないのかと言う疑問を抱いている人もいる。でも、XperiaにはSTAMINAモードが搭載されており、スリープ中のアプリの動作を制限することでバッテリーの消費を抑えることができると伝えている。 

Galaxy S8 と Xperia XZ Premiumスペックシート・発売日と価格の比較を見る>>

関連記事:

iPhone 8とiPhone 7の違いを比較>>

Galaxy S8とGalaxy S7の違い>>

iOS 11ダウングレード手順>>

Android 8.0不具合情報をまとめ!原因と対策もご紹介!

Android 8.0の不具合は?

米国時間8月22日、Googleは最新「Android」OSであるバージョン 7.0(正式にニックネームが「Android Nougat」)の正式版をリリースした。マルチウィンドウ、データセーバー、ピクチャー・イン・ピクチャー、着信拒否、VR Mode in Androidなどの新機能を追加したほか、通知の視認性・操作性、Doze(スマートフォンを使用していない時の消費電力を抑える省電力機能)など多くの機能がいっそう強化された。しかし、Android 7.0へアップデートしたデバイスが、Bluetooth接続不具合、ハード破損、CPUをクロックダウンそしてバッテリーの異常消費などの不具合が次々報告されていた。だから、次期Android 8.0への期待が上がっている。

Android 8.0はまだリリースされていないが、ネットで検索するとAndroid 8.0についての情報がたくさんある。Andromeda OSに統合されているから、Android 8.0はUIも含めてこれまでのAndroidから大きく変わる可能性が高い。そして第5世代移動通信システム(5G)とIoT(物のインターネット)の対応、セキュリティーと操作性も大幅に改善される。Android 7.0より機能や性能がかなり進化され、多くのユーザーに期待されているが、新しいOSへのアップデートに伴い、不具合・トラブル・失敗が多数報告されている。次はこの真新しいOSーーAndroid 8.0不具合(Android 8.0デメリット)をまとめて、Android 8.0不具合が出るときの対策もご紹介している。

【元記事はこちらへ】 

Android 8.0不具合まとめ:Android 8.0アップデートのデメリットは?

Android 8.0新機能がたくさん搭載されている。一方、Android 8.0アップデートによって起こる不具合もたくさんある。次はアンドロイド8.0不具合をまとめ、その不具合の原因と対策も紹介。

Android 8.0不具合その一:Android 8.0アップデートできない

一部のユーザーは、Android 8.0のアップデート通知が来ない、Android 8.0アップデート強制終了などで、Android 8.0アップデーできない状況になった。Android 8.0アップデートできないの原因は、Android 8.0アップデート手順が間違い、メモリーの 空き容量が足りない、Android 8.0にアップデートできるスマホではない、そしてネット環境が不安定などと考えられている。

Android 8.0アップデートできないの対策を見る>>

Android 8.0不具合その二:スマホバッテリー異常消費

mt-www-0228-01.jpg 

バッテリー異常消費不具合は Android 7.0でも発生したが、Android 8.0の搭載しているスマホで電池の減りがもっと早くなる。そのほか、一部のスマホ端末はバッテリーがまだ残っているのに電源が強制的に落ちる不具合もある。スマホバッテリー異常消費の原因は、「アカウント」の同期がスタック(詰まる)ことと、5G通信の搭載が考えられている。対策>>

Android 8.0不具合その三:スマホの動作が重い、熱い 

Android 8.0へバージョンアップしたスマホを使っていて動作が重い・遅い、アプリが強制終了することがある。。一つひとつは小さなことでも、積み重なると大きなストレスになるもの。スマホの動作が重い、熱いを引き起こす要因はいろいろな要素が複雑に絡み合っていることが多い。対策>>

Android 8.0不具合その四:アプリが動作しない

mt-www-0228-02.jpg 

Android 8.0アップデートした後、もともと順調に使えるアプリは開けない、動作中に突然強制終了してしまった時がある。それはお使っているアプリがAndroid 8.0とそんなに対応していないからである。では、こんな不具合が出るとき、どうする?対策>>

Android 8.0リリース日、新機能を見る>> 

iPad Pro 2とiPad Proの違いを比較:iPad Pro 2017モデルどこが進化したのか?

iPad Pro 2とiPad Proの違いを比較:iPad Pro 2017モデルどこが進化したのか?

日本時間2016年3月22日に発表、3月31日発売開始のiPad Proは、2015年iPad Pro の12.9インチから9.7インチへ変更した。画面サイズが小さくなり、価格は28,000円も安くなったほか、12.9インチ版iPad Proと比べいくつかの新機能が追加された。より鮮明でリアルな色を映し出す広色域・True Toneディスプレイ、iPhone 6sシリーズと同レベルのカメラ(iPhone 6sの新機能であるLive Photosも)、True Toneフラッシュを搭載している。さらにApple SIMが内蔵されている。 

では、今年三月発表される予定のiPad Pro 2017版の画面サイズはどうなるか?2015年iPad Pro の12.9インチか、あるいは2016年iPad Pro の9.7インチを保つか?iPad Pro 2とiPad Proを比較すると、どこが進化したのか?果たしてiPad Pro 2を購入する価値があるか?次は新発売のiPad Pro 2とiPad Proを比較することにより、iPad Pro 2画面サイズとスペック、iPad Pro 2発売日と価格などの変更点をお届け、iPad Pro 2とiPad Proの違いを徹底的に解説。

【元記事はこちらへ>>】

iPad Pro 2とiPad Proの違いその一:iPad Pro 2画面サイズが変わった?!

mt-www-0221-01.jpg 

前代iPad Pro画面サイズは2015年の12.9インチから9.7インチへ変更した。12.9インチ版iPad Proは画面サイズが大きくて、解像度も2732×2048。雑誌や漫画などを読んだり、動画などを見たりするのに非常に便利だが、その特徴となる「大きい画面」は、一部の人にとってはかえてデメリットになる。12インチのMacBookよりもかなり大きい、Smart Keyboardを装着することで厚みもMacBookよりも分厚くなり、持ち運びが不便になり、画面上のキーボードが使いづらくなるなどのデメリットがある。そのせいで、9.7インチ版のiPad Proが生まれた。

そして2017年前半に発表される新型iPad Pro 2画面は、ベゼル幅の極めて狭いベゼルレスデザインを採用し、フットプリントはそのままに画面サイズが大きくなる、現行iPad Proの9.7インチから10.5に変更され、画面解像度は12.9インチiPad Proと同じ2,732 x 2,048ピクセルになるという予想が出されている。現行9.7インチ版のiPad Proは本を読むには適度な大きさだけど、作業するとき少し小さいと感じる人にとって、iPad Pro 2017を選択すべきだ。

iPad Pro 2とiPad Proの違いその二:iPad Pro 2はA10Xプロセッサ搭載

mt-www-0222-03.jpg 

現行iPad Proと前代の12.9インチiPad Proに搭載された64ビットCPUのA9Xは、「初代iPadの22倍のCPUパフォーマンスと、360倍のグラフィックス性能を実現している」とアップルはうたっている。A9プロセッサはA8プロセッサから最大70%のCPU性能が上がり、大きく性能が向上したが、「12.9インチiPad Pro から何も変わっていないからがっかり」と感じる人が多い。

三月発表する予定のiPad Pro 2は、「A10X」プロセッサを搭載すると予想されている。「iPhone 7 / 7 Plus」の搭載している「A10 Fusion」プロセッサと比べ、「A10X」プロセッサのGeekBenchのスコアはシングルコア4236、マルチコア6588となっており、シングルコア3500、マルチコア5600の「iPhone 7 / 7 Plus」より18~21%ほど性能が向上している。 

iPad Pro 2とiPad Proの違いその三:カメラ

mt-www-0222-02.jpg 

iPad Proカメラ性能はiPhone 6s/6s Plusと同等に進化し、iSightカメラは1200万画素、前面カメラ(FaceTimeカメラ)も500万画素が搭載され、画素数が向上したことで細かい描写も可能。そしてiPhoneシリーズでおなじみの「True Tone フラッシュ」、iPhone 6sシリーズに搭載の「Live Photos」、4Kビデオの撮影および720p/240fps、1080p/120fpsのスローモーション動画撮影に対応している。12.9型iPad Proと比べ、9.7型iPad Proカメラ性能が大幅にアップした。

iPad Pro 2は、9.7 iPad Proと同様に、カメラが背面12MP、前面5MP、4K動画撮影、ライブフォト機能などカメラ機能の充実がサポートしているほか、iPad Pro 2メリットとしてiPhone 7 Plusのデュアルカメラも搭載可能。今後のスマートフォンのカメラの主流になるデュアルカメラは、2倍の光学ズームが可能になり、被写界深度を狭めてボケのある写真が簡単に撮れるようになる。撮影時に「ポートレートモード」を選択すると人の顔を自動認識し、いい感じに背景がボケてくれる。

iPad Pro 2とiPad Proの違いその四:Apple pencil2は磁石内臓で

mt-www-0222-01.jpg 

中国のSNS、Weiboの情報から見ると、チェコのメディアLetem svetem Applemが、iPad Pro 2に磁石で取り付けのできる「Apple Pencil 2」が今春発売される、と報じている。iPad Pro(12.9インチ)が登場した2015年の秋、Apple PencilとSmart Keyboardという特徴的なアクセサリを用意している。Apple Pencilは、iPad Proの能力をさらに広げ、創造力の新たな可能性を開く。しかし、初代ペン本体はくっつかないので非常に不便だから、Apple Pencilに磁石を内蔵することにより、iPad本体にくっつけて解消されるということなので、非常にワクワクしながら楽しみにしている。

iPad Pro 2とiPad Proの違いその五:iPad Pro 2はホームボタンを廃止?

iPad Pro 2最新情報により、iPad Pro 2はディスプレイの四隅全てがベゼルレスになる訳ではなく、画面上部はベゼルが残り、ホームボタンはなくなる可能性がある。この前発売されたiPhone 7でホームボタンなしのデザインが期待されていたが、結局実現できなかった。そして最近米国特許商標の公開した情報から見ると、Appleがディスプレイに指紋センサーを埋め込む特許を取得したことが明らかになった。それによると近い将来、ホームボタンが廃止されて、指紋センサーであるTouch IDがディスプレイの下に設置されることになるかもしれない。

iPad Pro 2とiPad Proの違いその六:バッテリー

9.7インチiPad Proは27.5Whリチャージャブルリチウムポリマーバッテリー内蔵、やく7,306mAh、Wi-Fiでのインターネット利用、ビデオ再生、オーディオ再生する場合は最大10時間、携帯電話データネットワークでのインターネット利用は最大9時間。iPad Pro 2対iPad Pro比較すると、12,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているそうだ。 

iPad Pro 2とiPad Pro発売日と価格の違いを見る>> 

関連記事:

iPhone 8とiPhone 7の違いを比較>>

Galaxy S8とGalaxy S7の違い>>

iOS 11ダウングレード手順>>

iPad同期の仕方>>