うっかりiPhone紛失した時にやるべき3つのこと!無くなったiPhoneを探す方法|iPhone盗難

iPhone紛失・iPhone盗難時はどうすればいいの?

iPhoneなくした

ある調査によると、日本ではiOSが50.3%にも達し、日本のiOSシェアは世界トップになった。日本におけるiPhoneの人気は誰もが知るところとなった。使いやすくて美しいデザインされているから、価格が10万円近くにしても新型iPhoneを入手したい。しかし、タクシーや電車などを乗るときうっかり忘れてしまった、また泥棒に盗まれてしまったこともたくさんある。こうしたうっかり忘れやミスは誰にでもあるものが、せっかく手に入れたのに、お金の無駄使いはもちろん、iPhoneの中は大切な写真、ビデオそしてメッセージなどもたくさん保存している。そしてTwitterFacebookそしてLINEなどのSNSは常に自動ログインと設定されている。とにかくiPhoneを紛失した場合は本当に困る。次はiPhone紛失・iPhone盗難に出会ったときのすべきこと、無くなったiPhoneを探す方法を紹介する。

元記事を読む>>

iPhone紛失したときにやるべきことその一:アカウントのセキュリティを確保

iPhoneが見つからないとき、まず公衆電話や友人の携帯から自分の紛失したiPhoneに電話してみる。時々家のどこかに忘れたことがあるから。もし電話が通じない、電源が切れている場合は盗まれた、あるいは誰かに捨てられて返してくれない可能性が多い。

iPhone紛失したことを確認した後、拾った人の携帯を悪用する人も多いから、まず家族また友達にiPhone紛失したことを伝える。そしてお近くのソフトバンクショップ・auショップに行き「携帯紛失捜索サービス」の利用を申し出てみる。そしてTwitterFacebookInstagramそしてLINEなどのパスワードを変更することを忘れないよう十分にご注意ください。

ヒント:iPhoneストレージ容量足りないを解決する6つの方法おすすめ

iPhone紛失したときにやるべきことそのニ:「iPhoneを探す」機能を活用!

iPhoneなくした

Apple製デバイスの「iPhoneを探す」アプリを使えば、無くなったiPhoneiPadiPod touchMacを地図上に表示させることができるから、iPhone紛失したあと、PCやMacなら、WebブラウザでiCloudhttp://www.icloud.com/)にアクセスし、次にようにすれば「iPhoneを探す」機能を利用できる。

ステップ1、iCloudhttp://www.icloud.com/)にアクセスし、検索したいiPhoneで設定した Apple ID、またパスワードを入力した後、パスワード入力欄右横の (→)アイコン を選択してiCloudにサインインし、iCloudホームページへ進行する。
ステップ2、iCloudホームページの「iPhoneを探す」ボタンをクリックし、Apple IDのパスワードを入力してください。そして探したいiPhoneを選択し、自動的に紛失iPhoneの位置が表示される。
ステップ3、紛失iPhoneの位置を表示されると、メニュー(サウンド再生、紛失モード、iPhone の消去)を選択できるようになる。

「iPhoneを探す」機能で無くなったiPhoneを探す方法>>

iPhone紛失したときにやるべきことその三:警察に遺失届を提出

上記のiPhone見つける方法を試した後、やはり紛失iPhoneを取り戻すことができない(取り返すのは非常に難しい)なら、警察に遺失届を提出することも一つの方法となる。警察がiPhoneを見つけた場合、キャリア(au,docomo,SoftBank)から封書が届き、キャリア(au,docomo,SoftBank)からiPhoneが見つかったとの連絡が封書で届くことをご注意ください。

しかし、この前も「警察は、GPSの反応があっても、面倒くさいらしく、とにかくあまり動きたくない様子」といわれているが、iPhone紛失・iPhone盗難事件が頻発で警察は探してはくれない可能性もある。見つけてくれたら連絡してくれる程度だから、iPhoneを紛失した場合警察に遺失届を提出しても取り戻す可能性がある。

iPhone紛失した時にやるべきことをもっと見る↓↓↓

http://www.winxdvd.com/blog/easy-iphone-lost-or-stolen-solutions.htm