【VRとは?】3分でわかる!VR特徴|VR利用例|VRとARの違いなどを徹底解説

いよいよVRの時代がやってきた!

VRゲーム、VR 体験、VR動画...最近VRという言葉をよく耳にするようになったね。2015年前半までにVRはまだそんなに普及していなかったが、2015年後半はOculus、Sony、HTCが次々VR製品を送り出した後、VRという言葉はだんだん盛り上がっていた。

しかし、一般人にとってVRはよっぽど新しい概念と言える。VRとは何?VRとARの違いは?日常生活中VR利用例は?VR 体験するために何が必要なの?次はこれら問題については詳しく説明する。日常的に使われるわかりやすい言葉を用いているから、VR素人にもすぐ理解できる。


元記事を読む>>

VRとは何?その特徴は?

VRの体験映像↓↓↓





VR、英語はvirtual reality、バーチャルリアリティ/仮想現実/人工現実感とも言われている。まず字面意味を見てみよう。


virtual:日本語では「仮想」、「現実ではない別の空間」という意味。
reality:日本語では「現実」、「私たちが経験するもの」という意味。


簡単に言えばVRとは、VR体験者の身体に特定の機器を装着した後、コンピュータにより合成した映像・音響などの効果により、3次元空間内にVR 体験者の身体が投影され、本当にその空間への没入感(immersion)を生じる。このような技術そしてその体系はVRといわれている。


VR
三つの特徴は:


①、
われわれはスマホの画面をタッチしてスマホを操作でき、キーボードやマウスでパソコンをコントロールできる。同様に、バーチャルリアリティを体験するために、VRヘッドマウントディスプレイまた特定のVRグローブなどが必要となる。

②、VRの視覚効果は3Dとほぼ同じが、3D映画の概念とは異なる。3D映画を見るとき、スクリーンを見るとき3D効果を感じるが、天井と地面を見ると3D効果は消え、すぐ3Dから現実へ戻る。そしてVRの場合は、VRヘッドマウントディスプレイと組み合わせ、360度3D世界に入り込むことができる。


③、
VR驚きの没入感: VRヘッドマウントディスプレイまたVRグローブの品質が高ければ高いほどその没入感は深くなり、自分の生きている世界は現実世界か、それとも仮想世界かわからなくなる。


VR(バーチャルリアリティ)の意味をわかった後、次は現実社会のVR利用例を通してVRをもっと理解しよう。


Tips:
知らないと損!360度VR動画をYouTubeからダウンロード方法!Youtube,Facebook,Discoveryvr,VRideoなどから360度VR動画をダウンロードできるソフトWinX YouTube Downloader。超すごい360度VR動画を楽しめましょう!

VR利用例~VR(仮想現実)の活用事例

VRの普及につれて、この2016年VRに関する製品もたくさん製作された。VRは昔のパソコンが普及するのように意義深いことだといえる。我々はパソコンのない生活なんて想像できないと同じ、将来はVRも不可欠なものとなる。では仮想現実はどのように役に立つのか?次のVR利用例を見ましょう。


VR利用例その1:エンターテイメント


まずはVRゲーム。VRの活用が最も進んでいる領域はゲーム業界に違いない。今までの二次元でのゲームと比べて、VRゲームはより「現実感」があり、「没入感」もより大きくなると言われている。自分はゲームの中の主人公となり、自分は武器を持って戦っているような感じ。また、映画、音楽などの分野でもVRが利用されている。


VR利用例その2:360°VRパノラマ動画


昔360°を一度に撮影するため、必要に応じて数台のカメラを用意する必要があるが、今VR技術によって、360度パノラマムービーで撮った動画は上下・左右・拡大縮小とユーザーが任意の場所を見ることができる。今YouTubeでもたくさんの360°全方位パノラマ動画がアップロードされている。

ヒント:無料&高画質でYouTubeアニメをダウンロードする方法

VR利用例その3:医療


医療の分野でもさまざまな応用がある。たとえば、社会不安や飛行恐怖症、会話恐怖症、高所恐怖症などを持つ患者はVR技術によって、快復したケースがある。そして、VRは生理治療の面でもとても役立つ。手術をするとき、患者の注意力は仮想現実世界に没入して、身体的な痛みを忘れることができる。また、医学生の医療トレーニングにもVRが用いられている。


VR利用例その4:教育


多くの国は「VR教室」を実験した。たとえば、アメリカでは特性のVR教室で火星の環境が再現され、学生たちは火星の地表にいるものを自分の目で見える。もちろん、バーチャルリアリティによって、火星だけでなく、今知っている限りのところを探索できる。このように、教材だけでなく、自分自身が教材の書かれた内容を見ることができる、教育効果を最大化することができる。


VR利用例その5:ショッピング


今まだ普及していないが、VR技術を用いてショッピングすることもできる。町へ?い物に行くなんて本当に疲れるでしょう。ネットでショッピングならその服は自分と似合うかどうかもわからない。VRはショッピングをとても便利にさせる。VRヘッドマウントディスプレイをかけて、自分はその服を着る姿を見える。家にいるままで気に入るものを購入できる。


VR利用例その6:通信


テレイマージョンとは、遠く離れた場所からでも同じ空間を共有し、その場にいるかのような感覚を味わえる通信手段。VR技術とテレイマージョンの結合により、遠く場所に離れていても、身近にいるような感じがする。たとえば、宇宙にいても、宇宙飛行士は地球に生きているような感じがする。また、家族とうまく購入できる。

VRとARの違いを了解したいなら、コチラをクリックしよう>>