読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Android 8.0不具合情報をまとめ!原因と対策もご紹介!

Android 8.0の不具合は?

米国時間8月22日、Googleは最新「Android」OSであるバージョン 7.0(正式にニックネームが「Android Nougat」)の正式版をリリースした。マルチウィンドウ、データセーバー、ピクチャー・イン・ピクチャー、着信拒否、VR Mode in Androidなどの新機能を追加したほか、通知の視認性・操作性、Doze(スマートフォンを使用していない時の消費電力を抑える省電力機能)など多くの機能がいっそう強化された。しかし、Android 7.0へアップデートしたデバイスが、Bluetooth接続不具合、ハード破損、CPUをクロックダウンそしてバッテリーの異常消費などの不具合が次々報告されていた。だから、次期Android 8.0への期待が上がっている。

Android 8.0はまだリリースされていないが、ネットで検索するとAndroid 8.0についての情報がたくさんある。Andromeda OSに統合されているから、Android 8.0はUIも含めてこれまでのAndroidから大きく変わる可能性が高い。そして第5世代移動通信システム(5G)とIoT(物のインターネット)の対応、セキュリティーと操作性も大幅に改善される。Android 7.0より機能や性能がかなり進化され、多くのユーザーに期待されているが、新しいOSへのアップデートに伴い、不具合・トラブル・失敗が多数報告されている。次はこの真新しいOSーーAndroid 8.0不具合(Android 8.0デメリット)をまとめて、Android 8.0不具合が出るときの対策もご紹介している。

【元記事はこちらへ】 

Android 8.0不具合まとめ:Android 8.0アップデートのデメリットは?

Android 8.0新機能がたくさん搭載されている。一方、Android 8.0アップデートによって起こる不具合もたくさんある。次はアンドロイド8.0不具合をまとめ、その不具合の原因と対策も紹介。

Android 8.0不具合その一:Android 8.0アップデートできない

一部のユーザーは、Android 8.0のアップデート通知が来ない、Android 8.0アップデート強制終了などで、Android 8.0アップデーできない状況になった。Android 8.0アップデートできないの原因は、Android 8.0アップデート手順が間違い、メモリーの 空き容量が足りない、Android 8.0にアップデートできるスマホではない、そしてネット環境が不安定などと考えられている。

Android 8.0アップデートできないの対策を見る>>

Android 8.0不具合その二:スマホバッテリー異常消費

mt-www-0228-01.jpg 

バッテリー異常消費不具合は Android 7.0でも発生したが、Android 8.0の搭載しているスマホで電池の減りがもっと早くなる。そのほか、一部のスマホ端末はバッテリーがまだ残っているのに電源が強制的に落ちる不具合もある。スマホバッテリー異常消費の原因は、「アカウント」の同期がスタック(詰まる)ことと、5G通信の搭載が考えられている。対策>>

Android 8.0不具合その三:スマホの動作が重い、熱い 

Android 8.0へバージョンアップしたスマホを使っていて動作が重い・遅い、アプリが強制終了することがある。。一つひとつは小さなことでも、積み重なると大きなストレスになるもの。スマホの動作が重い、熱いを引き起こす要因はいろいろな要素が複雑に絡み合っていることが多い。対策>>

Android 8.0不具合その四:アプリが動作しない

mt-www-0228-02.jpg 

Android 8.0アップデートした後、もともと順調に使えるアプリは開けない、動作中に突然強制終了してしまった時がある。それはお使っているアプリがAndroid 8.0とそんなに対応していないからである。では、こんな不具合が出るとき、どうする?対策>>

Android 8.0リリース日、新機能を見る>>