WinX MediaTrans体験版制限の事項と解除方法

Q:WinX MediaTrans体験版制限があるか?

最近WinX MediaTransというiTunesに代わるiPhone/iPad/iPodデータ転送/管理ソフトはなかなか人気があります。その特徴は、ネット環境不要でパソコンとiPhone/iPad/iPodの間に動画、写真、音楽などを早く、軽く転送できるところです。最近iTunesの動きがめちゃくちゃ重くなって、特にWindowsパソコンの場合、読み込み速度が遅いし、iTunesを起動するのにもなかなか時間がかかるということがよくありますから、iTunesの代わりにiPhone/iPad/iPodのデータを管理できるソフトを探している方が多いです。それをきっかけに、急速的にWinX MediaTransユーザーが増えてきました。

WinX MediaTransの機能及び操作方法を体験・試用するために、公式サイトからWinX MediaTrans体験版をダウンロードして利用している人が多いです。そしてWinX MediaTrans体験版は正式版とそんなに変わっていないと言われているますが、実はWinX MediaTrans体験版と製品版の違いがたくさんあります。そしてWinX MediaTrans体験版ではいろいろな機能が制限されています。次はWinX MediaTrans体験版制限と解決方法を紹介します。

【元記事はこちらへ】

WinX MediaTrans体験版制限その1:回数制限

mt-www-0420-01.jpg

WinX MediaTrans体験版と製品版の違いといえば、やはりWinX MediaTrans体験版回数制限があることです。WinX MediaTrans製品版は転送数は無制限で、一日中何度立ち上がれても、写真/音楽/ビデオなどの数を問わず数秒だけで転送できます。それに対して、WinX MediaTrans体験版は一日パソコンへ転送、そしてパソコンからiPhone/iPad/iPodバイスへ転送のファイル数が制限があります。たとえば、写真/音楽/電子書籍/着信音など一日転送できる数は30で、ビデオの場合は一日10本しか転送できません。一度たくさんの写真、音楽、動画などを管理したい場合はWinX MediaTrans無料版をおすすめしません、製品版のほうが便利で使いやすいです。

WinX MediaTrans体験版制限その2:一部の機能が使えない 

mt-www-0410-01.jpg 

iTunes Storeで購入した音楽や動画ファイルとか、Apple Musicの音楽とか、そして電子書籍などは、デジタルーーコンテンツの著作権を管理・保護するために、違法なコピーの利用に制御・制限するために、DRMというコピープロテクトがかかっています。Apple Music、iTunes電子書籍などのDRMを解除してほかのデバイスで再生したいです。こんなとき、WinX MediaTrans製品版のDRM解除機能を利用すれば簡単に実現できます。しかし、WinX WinX MediaTrans無料版ではDRM解除の機能が使えなくなるから、DRMを解除することもできません。

iTunes DRMを解除する方法>>電子書籍DRMを解除する方法>>Apple Music DRM解除方法>>

WinX MediaTrans体験版制限その3:時間がかかる

 

mt-www-0420-03.jpg 

もう一つのWinX MediaTrans体験版制限は、写真/動画/音楽などを転送前に3秒待った後、「次へ進む」ボタンを押して転送が完了します。3秒といえば短いですが、平日ページ表示の待ち時間が2秒を超えるとイライラし始める人にとって3秒も長いです。WinX MediaTransは1秒でもお待たせしない、余計な手順もなくて、直接に転送できますから、非常に便利です。 

WinX MediaTrans体験版制限の解除方法>>